建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
知人 もしくは あなたの事業のお客さんなど まったくの他人の為に、当サイトのファイルを購入し、利益を得ようと思われている方、または不動産業を実施している法人・個人の方は、必ずお読みください。
もし、知人 (もしくはあなたの事業のお客さん等) に頼まれて、あなたが建物滅失登記を業務として行うというのには、法律上問題があります。建物滅失登記を行う業務は、誰にでもできるものではなく、法律上国家資格を持っている有資格者しかできないのです。書類の作成だけでも同じ事です。あなたが、他人の為に業務として行っているという事実が問題となります。

一歩まちがえば、1年以下の懲役または100万円以下の罰金というふうに法律上なっておりますので、本人(知人)で作成して、本人で提出という形を取らないと犯罪行為となります。不動産取引仲介や弁護士業務は、誰にでも出来るというわけではないのと同じ事です。ただし、報酬を得る業務としてではなく、家族や親族の範囲の建物について、このファイルを使用して滅失登記申請をお手伝いすることでしたら問題はございません。
スポンサーリンク
また、当サイトのファイルの内容をまったくの他人の為に業務として使う (つまり、このファイルを使ってということです。) のは、著作権法第2条8項に該当し、違法行為となります。法律上5年以下の懲役または500万円以下の罰金となっております。

あなたが、 あなたの所有する建物 ( もしくは、あなたの両親やおじいさん・おばあさん名義の建物で、あなたが相続人の内の1人である場合はOKです。) の建物滅失登記申請を自分で行う為に、当サイトのファイルを使っていただき、どんどん登記費用の大幅削減に使っていただくことが、当サイトおよび当サイトのファイルの本来の目的です。

ご購入者をそういった危険に近づけるわけにはいかないので、本来の目的以外で購入しようという方は、ご理解をお願い致します。 
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved