建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  建物の登記簿謄本とは (建物滅失登記のための必要書類)
建物の滅失登記をするにしても、まずは必要な書類や資料が必要です。
しかも、正確な資料がなければ、法務局に建物滅失登記を申請しても、正確な申請内容でなければ何度でも補正となり、最悪は取り下げといった事態にもなりかねません。
そうならないためには、建物の正確な登記情報が必要となります。
では、正確な登記情報はどこにあるのか、
そして何を取得すれば一番良いのかということになります。
建物滅失登記の申請は、法務局に申請します。
ということは、登記の処理自体も法務局で行います。
そういった理由から、正確な登記情報の取得も法務局で行えば一番良いことになります。
しかし、法務局ではたくさんのいろんな資料を取得することができるので、取得する際には、窓口担当者にはっきりと目的のものを示さなければなりません。
滅失した建物の正確な登記情報を取得するには、一般的に登記簿謄本と呼ばれるものです。
登記簿謄本とは昔からの呼び名で、現在では登記事項証明書と呼ばれています。
登記簿謄本も、登記事項証明書も同じものなのですが、呼び方が人によって違います。
昔から登記関係を扱っている人に言わせれば、登記簿謄本となり、ここ最近から登記を扱っている人に言わせれば、登記事項証明書と呼ぶ人が多いでしょう。
ただ、登記簿謄本の正確な呼び名は、現在では登記事項証明書です。
建物の登記簿謄本には、建物の正確な所在と地番、家屋番号、建物の種類、構造、床面積、所有権者などが記載されています。
ただ、登記簿謄本にも最新の謄本と、閉鎖謄本というものがありますので、最新の登記簿謄本の取得が必要となります。
スポンサーリンク
ちなみに、閉鎖登記簿謄本とは、過去に様式等の変更によって古い形式の謄本を念のためそのまま保管してるものとなります。
ただ、新しい登記簿謄本には記載が移されていない内容もあったりしますので、その建物や土地の過去の遍歴を詳しく見ることができることもあります。
登記簿謄本については、現在では、大体何処の法務局でも取得できます。
昔と違って、法務局内でも登記の管理がコンピューター化されていますので、その滅失した建物を管轄する法務局以外の法務局でも、登記簿謄本は取得できるようになっています。
ただ、登記簿謄本を取得する際には、登記事項証明書の取得にチェックをする必要があります。昔からの呼び名は登記簿謄本で、現在の呼び名は登記事項証明書だからです。
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved