建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
≫本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  本当に1日でできるの?
質問.建物滅失登記すいすい申請ファイルを使えば、本当に1日でできるの?
建物滅失登記申請にはいくつかのケースがあります。
そのケースというのは、あなたの滅失した建物の登記事項要約書と、
現地の状態を確認してみるとだいたいわかるのです。

建物の登記事項要約書の代わりに、登記事項証明書や、
その滅失した建物の登記済証でもかまいません。
役所から毎年送られてくる不動産の納付通知書からも登記内容の大体のことがわかります。

そして、もっとも簡単なケースの建物滅失登記の申請は、
プロの流れで行うと、通常1日もあれば十分できます。
法務局で調査をして、申請書類を作り、提出ということになります。

少しややこしいケースの場合でも、役所に行って必要な物を取得するということになります。
たとえ、少しややこしいケースであっても、
朝(午前中)に法務局と役所に行って、必要な書類を集めて、
お昼(午後)に申請書類を作成し、夕方には提出するということになります。

ただ、取壊証明書(必要でない地域もあります。)や、
亡くなった方名義の建物の滅失登記をする場合の戸籍謄本取り寄せや、
その他の添付書類で、県外から収集する場合、それにかかる日数は含んでいません。

つまり、通常の建物滅失登記申請は、
純粋に建物滅失登記申請だけを行う場合に、
建物滅失登記すいすい申請ファイルのマニュアル通り進んでいくと、
通常素人でも1日でできますよということです。
もちろん、登記の完了までは、法務局職員の登記作業もありますので、
あなたが申請をしてから通常1週間前後はかかります。
 
スポンサーリンク
 
なお、現在(平成26年)では、法務局での調査についても、
ネット環境があれば、登録手続きをすることで、
正確な登記情報をネットで取得することができますので、
法務局にかならず行かなければならないわけではありません。
 
法務局が遠方の場合や、忙しくて出向いていけないような方、
登録手続きが面倒や、できない方は、
このサイトでも登記情報の取得代行について、
1件(1つの建物登記情報)につき、
1,480円(税込)+印紙代約500円=合計1,980円で行っておりますので、
ご利用いただければと思います。
 
メールで建物の所在地番と、家屋番号をお知らせいただき、
メールの件名を『建物滅失登記の登記情報取得の件』として、
メールをお送りいただければ、当日〜翌日中には対応するように致します。
役所からの固定資産の納税通知書のコピーを、
PDFでメールでお送りいただいてもOKです。
 
代行取得した登記情報については、
PDFでメール添付してあなたのメールアドレス宛てにお送りして完了となります。
あなたが実際に法務局へ行く手間と時間を省く一助になればと思います
 
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved