建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  建物滅失登記とは
建物の滅失登記とは、一言で言うと、建物が現実に取壊しなどで存在しなくなった時に、法務局にある建物の登記の内容も現実に合わす(建物の登記自体を閉鎖する)手続きのことです。

登記されている建物には、いくつかケースがありますが、
例えば、居宅としての建物が1棟あり、
そのすぐ横に、建物として認定されている倉庫が1棟あり、
さらに少し離れて、建物として認定されている車庫が1棟ある場合は、
建物の登記としては、居宅が主たる建物で、
倉庫と車庫が附属建物として登記されているケースが多いのです。

そして、全体で1つとして登記されている上のような場合(不動産登記法上は1個の建物と言います)には、居宅だけ完全に取壊して、あとの2棟(倉庫と車庫)が残っている状態では、建物滅失登記はできないのです。
この場合は、建物表題変更登記を申請することになりますので、
特に注意が必要です。

つまり、主たる建物である居宅は無くなったが、全体としてはまだ倉庫と車庫が残っているので、今後は倉庫か車庫のどちらかが主たる建物となるので、建物表題変更登記となるのです。

もちろん、建物表題変更登記の中では、主たる建物であった居宅については、取り壊しによる滅失が登記原因となります。

上のようなケースで、居宅・倉庫・車庫の3棟とも取壊している場合は、建物滅失登記を申請することになるのです。

また、建物の滅失(取壊し)があった時は、その滅失のあった日から1ヶ月以内に建物滅失登記を申請しなければなりません。

そして、この建物滅失登記には、申請義務が課せられています。
(不動産登記法57条及び164条)

そのままにしている方は、罰則などはなく、今からでも大丈夫ですので、
建物滅失登記申請をしましょう。
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved