滅失登記の申請書の書式については、
以前はB4用紙の縦書きでしたが、
平成17年度の不動産登記法の大改正が行われてからは、
A4用紙の横書きに変更されています。

以前のB4縦書きの時は、
漢数字(壱、弐など)使用という決まり毎がありましたが、
新しいA4横書きの申請書に変更されてからは、
普通の数字(1、2など)使用という決まりに変更されています。

そして、その他にもいくつかの変更事項がありますので注意が必要です。

また、申請書類については、あなたの滅失した建物(ケース)によって、

法務局での調査の仕方や資料の見るべき箇所

その他集めるべき資料

さらに申請書の記入内容・添付書類

も全く違ってきます。

当サイトの 『建物の滅失登記すいすい申請ファイル』 では、
平成17年の不動産登記法改正にも対応しているのはもちろん、
A4横書きの建物滅失登記のあらゆるケースに対応しております。

あなたが、すいすい申請ファイルの流れに従って、
登記内容などを入力していけば、下のように、
申請書に関しては、滅失登記を進めていく中で、
自然とあなたのケースに自動変化するようにプログラムされています。

取壊証明書も同時に自動作成されます。

建物滅失登記申請書の書式サンプル画像

上記画像は申請書のみについてですが、
すいすい申請ファイルの内容について、
全体的なサンプル画像を一部公開していますので、ご確認ください。

建物滅失登記すいすい申請ファイルのサンプル画像

スポンサーリンク

建物の滅失登記をしたいけど・・・
『4万円も使いたくない!』『自分で簡単に滅失登記をしたい!』
そんなあなたに、誰でも建物の滅失登記が自分で簡単にできる
建物滅失登記すいすい申請ファイルはこちら