建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  建物滅失登記の必要書類 (滅失届は滅失登記とは異なります。)
建物の滅失登記を申請するには、書面で申請します。
提出先は、滅失した建物を管轄している法務局、またはその支局です。
提出先を間違えば、受理してもらえませんので注意が必要です。
必要書類としては、基本的に、建物滅失登記申請書と、
取壊し証明書と業者の印鑑証明書となります。

建物取壊し証明書は、建物滅失証明書や滅失証明書というタイトルである場合もあります。
この証明書は、解体業者や取壊し業者からもらう書面となります。
ただ、書面自体は自分で作り、
解体業者や取壊し業者に滅失証明書に署名等をもらう方法もあります。
業者の印鑑証明書については、法人であって、
滅失した建物の管轄法務局と同じであれば省略できますが、
それ以外は、業者の印鑑証明書も必要となります。
もし、建物の所有者が亡くなっていれば、必要書類として他に、戸籍が必要です。
亡くなった所有者とつながりのわかる、
つまり、相続人であることがわかる戸籍一式が必要となります。
少なくとも、所有者が亡くなった時点の戸籍と、相続人兼申請人の戸籍は必要です。
スポンサーリンク
ちなみに、滅失届や家屋滅失届出書と呼ばれるものがありますが、
これは、法務局に提出する滅失登記申請とは異なり、
建物を管轄している市町村役場に届け出るものとなっています。
滅失届や家屋滅失届出書は、家屋を取り壊した場合に提出するものですが、
滅失登記申請をした場合は、普通、提出する必要がなくなります。
滅失登記を完了した法務局から、建物を管轄している市町村役場に通知されるからです。
以上が、建物滅失登記の必要書類に関することになります。
自分で申請するのが難しいと感じる場合は、
建物の登記の専門家である土地家屋調査士に依頼することも考えられますが、
費用が約4万円前後は必要で、建物自体の状況や、所有者の状況によっては、
さらに数万円の費用がかかります。

スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved