建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  リフォームや曳行移転の時 - 建物を解体して滅失せずにリフォーム等の場合
建物をリフォームした場合はどうなるでしょうか。
基本的にリフォームは、解体や取り壊しとは違いますので、滅失には該当しません。
従って、建物をリフォームしても、滅失登記を申請する必要はありません。
ただ、リフォームすることで、建物の主な目的が変更された場合についてですが、
例えば、元々住宅として利用していたものを、
大規模なリフォームをすることで事務所に変更したようなときには、
登記上の建物の種類を、居宅から事務所に変更する必要があります。
その場合は、建物表題変更登記を申請しなければなりません。
建物の登記事項の1つとして、建物の種類が登記されています。
代表的なのは、居宅、店舗、共同住宅、事務所、工場、倉庫、車庫、
病院、給油所、旅館、校舎、体育館、映画館などがあります。
これらは、その建物の主な目的によって種類が決定され登記されています。
リフォームによって建物の主な目的が変更なければ、
登記情報に変更は必要ありませんが、
主な目的が変更されれば、建物表題変更登記の申請となります。
逆に言えば、風呂場のリフォームや、台所などのリフォームのみはもちろん、
住宅という建物の主な目的が変わらないようなリフォームでしたら、
登記事項に変更がありませんので、
建物表題変更登記を申請する必要はないということになります。
スポンサーリンク
では、建物を解体せずに、そのまま別の場所に移転しただけの場合はどうなるでしょうか。
あまり見かけることはないですが、建物を解体せずに、
建物をいろんな工法で上げて、そのままスライド移転させるものが、曳行移転です。
費用的には、建物を解体して新築する場合と比べれば高くはないようですが、
工法的に大変な作業にはなるので安いということもないようです。
そして、同じ敷地内で曳行移転した場合には、
建物の登記事項の1つの建物の所在に変更はありませんが、
所在地番が変わるような曳行移転が行われた場合には、
所在地番の変更のため、建物表題変更登記を申請しなければなりません。
また、この場合には、リフォームと同じく、解体していないので、
建物の滅失扱いにはならず、滅失登記は申請する必要がありません。
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved