建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  登記事項証明書とは (建物)
登記事項証明書とは、あなたの所有している建物も含む全国の建物を、家屋番号で分けて、全国の法務局に備えているものをいいます。登記事項証明書には、それぞれの建物の詳細が記載されているのです。これを登記されているといいます。

どのようなものが登記されているかというと、まず所在地番です。これは、建物が存在する敷地の所在と地番を表します。そして、家屋番号です。これにより建物を特定しています。次に、建物の種類と構造、床面積です。建物の種類として、不動産登記法上でたくさん明記されていますが、それに該当しない場合、これに準じて定めることもできます。不動産登記法上明記されているものとしては、居宅、共同住宅、店舗、倉庫、車庫、事務所、料理店、便所、工場・・・・・・などです。建物の構造も不動産登記法上でたくさん明記されていますが、それに該当しない場合、これに準じて定めることもできます。不動産登記法上明記されているものとしては、木造、鉄骨造・・・、かわらぶき(ちなみに平成17年度以前の建物は、瓦葺き のように漢字使用でした。)、スレートぶき・・・、平屋建、2階建・・・などです。建物の床面積は、1階の床面積、2階の床面積というふうに、各階毎に表示されています。

以上は、登記事項証明書の中の表題部欄の記載事項なのです。

次に、甲区という欄があります。これは、一言で言うと、権利の登記です。

権利の登記とは、その建物を売った人と、あなた以外の人に、その建物の権利を主張して対抗できるというものです。したがって、甲区の登記まで絶対しなければならないわけではありません。甲区がない(権利の登記までしていない)建物も多いのです。

最後に乙区という欄があります。これは一言で言うと、抵当権や地役権などの登記です。銀行でお金を借りたりすると、ここに何番抵当権というふうに登記されるのです。

スポンサーリンク
ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved