建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  建物の滅失登記をしないデメリット (住宅ローンを組む時にも困ります。)
家屋を取り壊したら滅失登記をしなければなりません。
これは不動産登記法で申請義務がありますので、速やかに建物滅失登記を申請しましょう。
家屋と固定資産税については、関連があり、住宅の建物が建っていない土地は、住宅用地の軽減特例の対象から外れて、税額が大幅にアップすることがあります。
しかし、建物滅失登記の申請をせずにそのままの状態で残して、所有者が亡くなくなれば、将来的には所有者の相続人にあたる子供や孫が、費用を出して滅失登記をしなければならなくなるデメリットがあります。
しかもその時には、所有者が生存している時の申請書類よりもさらに多くの添付書類が必要になります。まず必ず必要なのが、相続を証明できる戸籍です。
所有者と相続人のつながりのわかるすべての戸籍を、子供や孫が費用を出して登記申請しなければならなくなるのです。
本来、所有者がしておくべき登記を、子供や孫がしなければならなくなるということです。
しかもその時には、所有者がいない状況ですので、余計そのことについて調べる時間もかかることになるでしょう。
また、現地が更地で建物がすでに取り壊されているにもかかわらず、家屋の滅失登記をせずに、そのまま土地を売却してしまうと、その土地を購入した人が後で困ることになります。
銀行で住宅ローンを組む時に、土地の上に別の建物の登記が残っていれば、先にその建物の滅失登記を済まさなければ進まなくなります。
更地の土地を購入する時には、買う人も確認すべきことですが、売却する人も、後々おかしなことにならないように建物の滅失登記申請をしておくべきでしょう。
建物の滅失登記には、通常、取り壊し証明書も提出しなければなりません。
これは、取り壊し業者にもらうものとなりますので、建物を壊してから長年経ってしまうと、その取り壊し業者がやめてしまったりするとその証明の提出も難しくなります。
いずれは、滅失登記をしなければならなくなることを考えれば、すぐに済ましておく方が安心できることでしょう。

スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved