建物滅失登記が簡単にできる!誰でも1日で滅失建物登記を行い、登記費用を得する方法
スポンサーリンク
建物滅失登記の全体像
滅失とは
滅失登記とは
建物の滅失とは
建物滅失登記とは
滅失の登記してないと・・
建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請書書式
建物滅失登記の必要書類
滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の
滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?
本当に1日でできるの?
定価3,980円の価値ある?
ファイルのサンプル画像
滅失登記しないデメリット
リフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは
建物の登記簿謄本とは
登記簿謄本の取得方法
建物滅失申出書について
当サイトご利用方法
商品詳細説明
お客様の声
ファイルのご購入お申込み
  建物滅失登記費用の相場
建物滅失登記申請は、土地分筆登記や地積更正登記などと異なり、測量する必要がないので、あなたが思っている以上に登記に関してまったくの素人でも、流れに沿った調査と準備、そして、ほんの少しの知識とノウハウがあれば、簡単にできます。

しかし、それでもプロに依頼すると、通常の1戸建ての場合、建物の滅失登記1件につき約4万円前後、そして、高いケースの場合(附属建物がいくつもある場合など)は、さらに高くなるのが相場となっています。ここで注意が必要なのが、この1件というのは、1個の建物につき1件ということです。

どういうことかと言うと、1個の建物とは、常に1棟の建物ではなくて、2棟・3棟・・・ある場合でも、それら全体で1個の建物 (つまり、ひとかたまりのイメージ) として、登記されている場合があるということです。この場合は、必ず、ある1棟が (例えば、居宅など) 主たる建物となり、残りの数棟 (例えば、車庫や倉庫) が附属建物となります。つまり、それぞれの建物が主従の関係にあるかどうかで、登記の内容も違ってくるのです。そして、この様な数棟で1個の建物登記がされているケースが、上でも述べました費用の高いケースに該当します。

また、同じ敷地内に主従の関係にない2棟の建物があって、それぞれ1個の建物として、それぞれ建物登記がされていれば、建物滅失登記の申請書も、添付書類もすべて別々に作ることになるので、登記費用は2件分ということになります。

しかし、この場合、建物が滅失しているかどうかの現地調査費については、同じ敷地内であれば、2棟分を同時に確認できるので、1件分だけを費用に含む のが相場なので、その分は少し安くなります。つまり、約7万円前後になるということです。

よくあるケースとしては、古い建物を取壊して新しく建て替えた時に、古い建物の滅失登記を申請する場合が多く、その場合は、建物滅失登記と建物表題登記を同時に行う場合が多いので、2件合わせて10万円以上登記費用がかかることになります。

また、古い建物を取壊して、その更地を畑に利用するなどのケースの場合、固定資産税を確実に下げる為に、建物滅失登記と地目変更登記を行う事も多く、この2つの登記を合わせて、約9万円前後の登記費用がかかることになります。
スポンサーリンク

ページ 内 容 一 覧
誰でも建物滅失登記が簡単にできる方法〜詳しくは、滅失登記 トップで公開中!
建物滅失登記の全体像
滅失とは滅失登記とは建物の滅失とは建物滅失登記とは滅失の登記してないと・・建物滅失登記の手順
建物滅失登記費用の相場建物滅失登記申請書の書式建物滅失登記の必要書類滅失登記と土地家屋調査士
自分でする建物の滅失登記申請について
滅失登記は自分でできる?本当に1日でできる?定価3,980円の価値ある?ファイルのサンプル画像
建物の滅失登記をしないデメリットリフォームや曳行移転の時
滅失登記の為の資料
登記事項証明書とは建物の登記簿謄本とは登記簿謄本の取得方法建物滅失申出書(所有者が行方不明の時)
当サイトご利用方法
商品詳細説明商品購入前の注意事項お客様の声建物滅失登記すいすい申請ファイルご購入お申込み
郵便振替によるお支払い銀行振込によるお支払い楽天銀行によるお支払いプライバシーポリシー
滅失登記が自分で簡単にできる!誰でも1日で建物滅失登記申請を行い費用をまるまる得する方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。Copyright (C) 2005 ALLRightsReserved